博士と彼女のセオリー

 

昨年亡くなったイギリスの物理学者、スティーブン・ホーキング博士とその妻の物語。

 

ホーキング博士は学生時代に筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症して車椅子生活を余儀なくされる。

 

通常は5年程度で死ぬと言われてる病だが、途中で進行が弱まり50年以上も研究活動を続けてきた人。

 

 

その博士が学生時代の恋愛を経て、ALSの発症から結婚、そして子どもが生まれ家族を持つ。

 

いろんな障害、心の葛藤、研究欲、凄まじいまでの博士の人生を熱演してるのが、昨日書いた「マリリン7日間の恋」で助監督コリン・クラークを演じたエディ・レッドメイン。

 

この人の演技がスゴかった。

 

昨日の映画と同一人物とは思えない。

 

 

奥さんを演じたフェシリティ・ジョーンズという女優さん。

 

たぶん初めて見たけど、この人もヨカッタ。

 

 

生きるってどうすること?

 

人生って何なの?

 

何を望む?

 

自分はどう生きる?

 

 

主演の2人の強烈な演技のインパクトが、そんな問いをバンバン投げつけられたような印象を残す。

 

感動の映画だった。

 

 

 

こっちも毎日更新中↓

塾長の裏ブログ」もどうぞ。













入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る