芒種(ぼうしゅ)2021

 

今日は『芒種(ぼうしゅ)』

 

 

稲や麦など穂が出る穀物の種を蒔くという意味。

 

ちょうど梅雨に入る頃で、少し蒸し暑くじめじめする時期。

 

 

穀物という人間が生きていくうえで一番大切な食糧を育てるための種を蒔く。

 

まさにすべての始まりはここから、というくらい重要な時期だね。

 

 

塾生たちの成長の起点となるための種を蒔く。

 

常にそういうことを意識して授業にのぞみたい。

 

 

梅雨のじめじめした時期も、全て種蒔きに必要な雨を降らせてくれているもの。

 

そう考えれば何事も乗り越えられるような気がする。

 

 

☆コチラもフォローいかが?

⇒『木須正明Twitter』

※日々つぶやいてるよ~。

⇒『ホクトInstagram』

※とりあえずブログのイラスト。













入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る