ミスター・ソウルマン

 

我が家に初めてビデオデッキなるものがお目見えしたのは、確か高校2年か3年生の頃だったと思う。

 

その当時、佐賀ん街でレンタルビデオ屋といえば「チャップリン」ね。(超ローカル)

 

あそこで借りて、備え付けたばかりのビデオデッキで初めて見た映画は、今でもハッキリ覚えてる。

 

それが、『ミスター・ソウルマン』

 

 

ハーバードの法学部に合格して歓喜する主人公の青年に、両親が告げる。

 

「これからは自分たちの老後のために金をつかうから、お前に学費はあげないよ。」

 

そこで、黒人のための奨学金というのを目にした主人公が、全身を黒く日焼けさせ黒人に成りすまして奨学金を手にする。(マンガみたいな話)

 

黒人だからってことで大学のバスケ部に誘われたけど、ド下手だったり等々いろんなドタバタキャンパスライフが始まるが、街中で理不尽な人種差別も経験してしまう。

 

そんな中で、主人公の青年はクラスメイトの黒人女性に恋をする。

 

しかし、シングルマザーでもある苦学生の彼女が、自分が黒人の奨学金に合格したためにその奨学金を取れなかった事実を知って罪の意識にさいなまれる。

 

すったもんだあった末に、青年は自分が白人であることを告白し、これから罪を償っていくことを約束する。

 

そんなお話。

 

 

映画の出来だとか、人種差別問題を茶化してないかとか、内容については色々賛否出てくるような映画だったかもしれない。

 

ただ、ミョーに記憶に残ってるんだな。

 

あらすじも27年くらい前の自分の記憶だけで書いてるけど、大体合ってると思う。

 

やっぱ初めてのレンタルビデオだったかしらね。

 

 

それと、一番印象深いシーンがある。

 

自分の素性を告白した主人公が、大学のゼミの教授(この方も黒人)と話をするシーン。

 

 

教授が、

「少しは黒人の気持ちが分かっただろう。」

と問いかける。

 

主人公は、

「いや、全然分かったとは言えません。ボクはその気になれば白人に戻れたんです。」

 

それを聞いて、

「そう思えただけでも君は前進した。」

とほほ笑む。

 

 

そんな映画。

 

img



塾 夏期講習
ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫

入塾のお問い合わせ・ご相談

佐賀の塾ホクト進学塾への入塾のお問い合わせやご相談はコチラ TEL:0952-29-5311 営業時間平日

1日体験授業申し込み

佐賀で学習塾をお探しなら、1日体験されてみませんか? 佐賀市の塾を選ぶなら1日体験授業うけてみませんか?

ホクト進学塾塾長 ご挨拶

塾長からの挨拶
佐賀県佐賀市の学習塾
ホクト進学塾 塾長の
木須 正明です。

日々の学習上の悩みを解決したい
受験という大きな目標を達成したい
そういう1人1人の思いを全力でサポートします。

各種講座&料金表

小学生講座コース 中学生講座コース 各講座コース料金一覧

ホクト進学塾ブログカテゴリ

ページ上部へ戻る