ご家庭でのちょっとした学習指導~小学生の算数で簡単アドバイス~

 

お子さんが、学校からの宿題で算数の計算プリントをやっていたとしよう。

 

例えば、3ケタ×2ケタの筆算だったとする。

 

「1問やったら持ってきてね~。」

 

「できた~。」

 

「どれどれ。」

 

img1

 

「はい、間違い~。」ってことでバツにする。

 

ここでストップ!

 

バツがついたらすぐに全部消しゴムで消さないように。

 

 

「どこで間違ってるか、その場所を探してきて~。」

 

「あ、ここだ~。」

 

 

 

「そうそう、ここ繰り上がりの分を足してなかったね。」

 

「ここだけ書き直した~。」

 

img2

 

「はい、正解。」

 

img4

 

「やたー。」

 

とまあ、こんな感じだけど。

 

1度書いた答えを見直しても、なかなか間違いに気づけないことがある。

 

そういう時は、ノートにもう1度最初っからやり直してみてプリントに書いた答えと比べてみればいい。

 

 

ここでの学習指導テーマは、「間違いに自分で気づく」とか「計算方法をちゃんと理解して進めているか確認する」とかいうことはもちろんだけど、それより大切なのは「自信を無くさない」ってこと。

 

算数の計算問題ってのは、途中1ヶ所でも小さなミスがあれば答えはバツになってしまう。

 

全然分かってないんじゃなくて、ちょっとしたミスでバツが重なってくると「もう分かんない」ってなっていくからね。

 

「ちゃんと分かってるでしょ。間違ってるのここだけでしょ。」ってのを分かってほしい。

 

これがテーマ。

 

 

さっきも言ったように、見つけられなかったらノートにまっさらな状態からもう1度やればいいからね。

 

「いつまでも探し続けなさい」なんて、そこに固執することはない。

 

答え合わせも1問ずつでいい。

 

とにかく「分かる」「解ける」「マルになる」ってことを実感してもらうだけだから。

 

 

これは、ひとつの例だけどね。

 

もちろんケースバイケース。

 

子どもによって、問題によって、いろいろ考えられるよ。

 

大切なのは、相手を良く見て力み過ぎないことかなーと。

 

 

学習指導で大切なのは、システムなんかじゃない。

 

情熱の押し売りでもない。

 

子どものやる気が完全にゼロにならないようなちょっとしたキッカケを作れたら、それでいいんじゃなかろうか。

 

何か考えるヒントになれば幸せ。

 

じゃ、そゆことで。

 

 

IMG_0008

 











入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫

入塾のお問い合わせ・ご相談

佐賀の塾ホクト進学塾への入塾のお問い合わせやご相談はコチラ TEL:090-7925-8739 営業時間平日

ホクト進学塾塾長 ご挨拶

塾長からの挨拶
佐賀県佐賀市の学習塾
ホクト進学塾 塾長の
木須 正明です。

日々の学習上の悩みを解決したい
受験という大きな目標を達成したい
そういう1人1人の思いを全力でサポートします。

各種講座&料金表

小学生講座コース 中学生講座コース 各講座コース料金一覧

ホクト進学塾ブログカテゴリ

ページ上部へ戻る