テストは対話

 

質問されたことに答える。

 

出来るだけ正確に答える。

 

そのために与えられた条件をよく読む。

 

 

相手の聞きたいことに答える。

 

そのためにまず相手の話をよく聞く。

 

 

テストは相手との対話と同じだ。

 

相手は自分の出題に答えてもらうために色んなヒントを示している。

 

それを見つけていくのが絶対に必要な作業だ。

 

 

対話は一方通行ではいけない。

 

聞かれたことに答える。

 

その答えを正確に伝える。

 

これは採点者との対話でもある。

 

答案用紙に書く文字は採点者に伝えるためのもの。

 

そんな気持ちを持って答えを書いていこう。

 

 

上手い下手の問題ではない。

 

相手に伝えるための文字だという気持ちで書いているかどうかだ。

 

 

独りよがりでは対話は成立しない。

 

テストは対話。

 

そう思えばテストに対する意識も変わってくるかもしれない。

 

 

☆コチラもフォローいかが?

⇒『木須正明Twitter』

※日々つぶやいてるよ~。

⇒『ホクトInstagram』

※とりあえずブログのイラスト。













入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る