警視庁創設記念日

 

1874年(明治7年)1月15日に東京警視庁が創設されたそうな。

 

創設者は薩摩藩出身の川路利良(かわじとしよし)。

 

大河ドラマにもなった司馬遼太郎の小説「翔ぶが如く」は、この川路がヨーロッパに近代警察組織を視察に行く場面から始まる。(だったと思う)

 

 

45歳で生涯を終えた川路だが、「日本警察の父」といわれるように近代日本の国づくりに大きな足跡を残した。

 

今のオレよりずいぶん若い。

 

んー、時が経つのはおそろしく早い。(速いと書くべきか)

 

 

去年の正月から、警察官の方を見る目が少し変わった。

 

キムタクのドラマ「教場」を見てね。(単純ね~)

 

 

あんなに厳しい訓練を乗り越えて職務に就いている警察官の皆さま。

 

尊敬しちゃう。

 

消防士とか自衛隊とかもそうだろう。

 

 

警察官や消防士になってる卒塾生も数人いるので、彼らを思うと頭が下がる。

 

取りとめもなくそんなことを考える記念日になった。

 

 

☆コチラもフォローいかが?

⇒『木須正明Twitter』

※日々つぶやいてるよ~。

⇒『ホクトInstagram』

※とりあえずブログのイラスト。













入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る