走れメロス

 

去年だが、太宰治にハマって色々読んだ。

 

まあ、今更って感じでもあるがやっぱり面白い。

 

 

代表作の「人間失格」や「斜陽」はもちろんなのだが、「走れメロス」はめっちゃイイな。

 

と、改めて実感したのだよ。

 

 

何かねー、他の作品は太宰のぐでんぐでんのだらしなさや正直さに共感したり、当時としては言葉遣いの新しさだったりが魅力なのかなって気がして読んでたんだけどね。

 

「走れメロス」は違う。

 

文章の切れがあってリズムがイイ。

 

 

最初の1ページ目から引き込まれる。

 

「メロスは激怒した。」から始まる冒頭の数行で一気に場面と主人公の人物説明を明確にする。

 

この切れ味は三島由紀夫にも負けてない。(ような気もする)

 

 

さすが教科書に載るだけの文章だねって感じよ。

 

 













入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る