小学生の算数(文章題)

 

小学生教室の算数について。

 

文章問題が出来るかどうかが、算数を得意に出来るかどうかの分かれ目と言えるかもしれない。

 

そのくらい重要視すべきポイントだ。

 

 

文章題と言ってもそんなに複雑なモノではなく、まずは1つの式で解答する基本を徹底している。

 

低学年から始まるが、足すのか引くのか、掛けるのか割るのかの判断ね。

 

これは問題文で問われる言葉の認識が欠かせない。

 

 

特に高学年になってつまずきやすいのが、掛け算か割り算かの判断だ。

 

そして割り算の場合はどっちで割るのかが分かること。

 

そのために、「1あたりの数」「割合」「逆算」の考え方を理解して基本練習を繰り返すトレーニングを続けたい。

 

 

ちなみに、掛け算の式の順番はある程度大目に見てる。

 

あるクラスで全員が同じ人数ずつ班に分かれました。5人の班は7つ出来たとしたらクラスの人数は何人ですか。

 

これは「5×7=35」で35人が正解なのだが、「7×5=35」としててもマルにしてる。

 

指導者の中でも意見の分かれる所かもしれないが、オレはマル派。

 

式の順番の意味は説明するが、その子の到達度にもよる。

 

 

とにかく基本の徹底だ。

 

それによって、出来ないことは無いという自信を持ってほしい。

 

そういうことに重点を置いてやっている。

 

 

☆こちらもどうぞ

⇒『木須正明Twitter』

⇒『ホクトInstagram』













入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る