授業の中での取捨選択

数学の授業をする。




計算練習をする。




するところ、分量を決める。




制限時間を決めることにする。










ここで、1つ目の選択。




3分にするか、5分にするか、7分にするか。










7分に決める。










次に、2つ目の選択。




始めるときの掛け声をどうするか。




「さあ、やろう」にするか、「さあ、やるぞ」にするか、「さあ、やりましょう」にするか。










今日は、「さあ、やりましょう」で。










そして、3つ目の選択。




採点方法は。




回収してこっちが採点するか、交換採点にするか、自己採点にするか。










自己採点でいこ。










以上、3ヶ所での3択。




これだけでも、3×3×3=27通りのパターンが考えられることになる。




そして、そのひとつひとつに違った意味、異なる反応が予測出来る。










それはほんの1例で、もっとたくさんの選択肢があって、その組み合わせや順番も様々考えられる。




そう、C(コンビネーション)やP(パーミュテ―ション)を駆使して計算すれば無数のパターンが作れる。










常に、多くの取捨選択を重ねた上にひとつの授業が出来上がる。




そういうひとつひとつに意味を考えられるよう意識して、それぞれの反応の違いを見る目を持つことが必要だ。




そして、その後あらわれる結果に対しては、大きな心で許容する度量が求められるような気がする。










まあ、言ったけど変わらないとか、やってるけど無理~とか、あきらめる前にいろいろやってみることなんだろうね。




簡単なことではないけど。





今朝、庭で見つけたてんとう虫。




分かってるだろうけど、写真と本文とは何の関係もございません。
























入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫

入塾のお問い合わせ・ご相談

佐賀の塾ホクト進学塾への入塾のお問い合わせやご相談はコチラ TEL:090-7925-8739 営業時間平日

ホクト進学塾塾長 ご挨拶

塾長からの挨拶
佐賀県佐賀市の学習塾
ホクト進学塾 塾長の
木須 正明です。

日々の学習上の悩みを解決したい
受験という大きな目標を達成したい
そういう1人1人の思いを全力でサポートします。

各種講座&料金表

小学生講座コース 中学生講座コース 各講座コース料金一覧

ホクト進学塾ブログカテゴリ

ページ上部へ戻る