数学のテストで問題が解けません

 

数学が苦手な子に多いんじゃないかと思うが。

 

 

「説明を聞いたら分かる」

 

「でもテストの問題は分からない」

 

 

分からない問題の解き方を説明してもらって

 

「分かった」

 

と思っても、それは今聞いた説明が分かっただけのこと。

 

 

その問題と同じ単元の類題が全て解けるようになるためには

 

①その単元内容の問題における解き方を考えるためのセオリーを覚える。

 

②その解き方に気付けるまでの作業手順を繰り返し練習して体にしみこませる。

 

この2つが絶対に必要だ。

 

 

「実力テストの問題が解けるようになった」

 

「テストの点数が確実に伸びてきた」

 

という人は、これが身についた人だ。

 

 

しかし、これを身につけるためには結構な時間が必要だ。

 

そういうことを身につけると意識したトレーニングの時間が。

 

 

数学のテストの点数を上げるためには、「分からないところを質問してそこを説明してもらう」という時間よりも、上の①と②を熟知した講師の号令の下で練習する時間を取った方が有効だろう。

 

ここで「①と②を熟知した」というのが重要になってくるけどね。

 

きっと塾全体のシステムってやつよりも、1人の人間の講師力が決め手になるはず。

 

 

 

こっちも毎日更新中↓

塾長の裏ブログ」もどうぞ。













入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る