何回書けば覚えるんだ?

 

覚えるための具体的な作業について触れとこう。

 

例えば、漢字や英単語を覚えるとしよう。

 

さあ、どうしよう。

 

 

何回も書くとか?

 

じゃあ、何回書けばいい?

 

 

こんな話をしてると必ず松田優作の「家族ゲーム」を思い出すんだな。

 

中学生の男の子が1コの漢字だけをノートにびっちり書いて、松田優作扮する家庭教師に思いっ切りビンタされるシーン。

 

 

まあねー、10回も20回も書けば手が覚えるってこともあるかもしれない。

 

声に出して読みながら書けばさらに効果的ってこともあるかもしれない。

 

 

個人的に思うのは、「見ながら書き写す」作業は最小限で止めた方がいいんじゃないかしら。

 

1回でもいいと思ってる。

 

その後、見ないで書く作業が絶対必要ね。

 

むしろそっちの方ばっかりでもいいんじゃない?

 

 

そんなことも自分で意識して覚える練習していこうではないか。

 

自分で意識していくことよー。

 



 

 

こっちも毎日更新中↓

塾長の裏ブログ」もどうぞ。











入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る