あきらめたらもう解けない

 

国語の授業では、塾生たちの問題に向かう強い意思が明確に感じられて面白い。

 

文章読解を中心にやってる国語の授業。

 

例えば説明文、論説文では筆者の意見を探す作業が中心になる。

 

「考える」というよりも「探す」だ。

 

 

長い文章を丹念に読み、そこから解答に必要な箇所を見つける。

 

探し始めてすぐに見つかればラッキーなのだが、たまに全く見つけられない時があったりする。

 

そんな時に、半ばあきらめてる雰囲気が顔の表情から、はたまた背中からにじみ出てきたりすると・・・もうダメ。

 

どツボにハマったように正解出来ない。

 

何度も何度もバツをもらい、何度も何度も読み返す。

 

 

そんな時。

 

読解のコツなどを知るよりも、文章に向かう意思とか問題に取り組む姿勢を身につける事に重きを置きたいので、いつまでも自分で読み続けてもらう。

 

ひたすら自分で探し続けてもらう。

 

 

結局そういうのが、とっても有意義な時間になる事が多いのだ。

 



 

 

こっちも毎日更新中↓

塾長の裏ブログ」もどうぞ。











入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る