むべなるかな

 

本を読んでて「あれ?」と思う。

 

この言葉、何て意味だったっけ?

 

前後の文脈で何となく読み飛ばしてしまうことが多いのだが、これはちょっと引っ掛かった。

 

 

「人間が身近な人を評価するにあたり、その人の行為を基準に評価するのもむべなるかなと考えた」

 

 

むべなるかな?

 

何だったっけ。

 

ちょっとここは大事な文章だ。

 

簡単に読み飛ばしたくない。

 

うん、調べよう。

 

 

「むべなるかな(宜なるかな)」

 

もっともなことだなあ、その通りだなあ、と納得し感心する意味。

 

 

なるほど「行為を基準に評価するのはもっともなことだ」ということね。

 

これで意味がつながった。

 

文書はこの後こう続く。

 

 

「意味があるのは行為だけで、けっしてわれわれが口にしたり考えたりすることではない」

 

 

自分の価値を決めるのは自分の行動だ。

 

行動しよう。

 

 

☆コチラもフォローいかが?

⇒『木須正明Twitter』

※日々つぶやいてるよ~。

⇒『ホクトInstagram』

※とりあえずブログのイラスト。













入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る