待つ時間

 

小学生が算数の問題を解いている。

 

それを待っている。

 

 

手が動いてるかを見てる。

 

止まった時の目の動きを見てる。

 

 

ノートを見る。

 

どこまで書けてるか見る。

 

黙って待つか、問いかけるかを考える。

 

しばし待つ。

 

 

問いかけてみる。

 

理解度を確認するための質問をする。

 

考え方を示唆する。

 

 

また待つ。

 

出来るだけ待つ。

 

原則、自分で解けるまで待つ。

 

 

この待つ時間。

 

それがどれだけ有意義な学習が出来るかを決める。(と思ってる)

 

そんな待つ時間のための環境づくり。

 

それが小学生教室で最も大切にしてることだ。

 

 













入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る