言われた通りにやること

 

数学の計算問題で間違う。

 

計算過程のどこかで決まりを守っていないということだ。

 



 

こうやってこうすれば正解にたどり着く、と言われた後にやる計算でも間違う。

 

言われた通りにやっていないということだ。

 

 

書けと言われた途中の計算を勝手に省略する。

 

問題をよく見ていない。

 

そもそも指示を聞いていない。

 

 

間違いに至るまでには、色んな要因が挙げられるだろう。

 

それらに自分の意識をより強く向けていけば、変わっていく。

 



 

言われた通りにやることを素直に受け入れて、謙虚に努力する。

 

要するに、そのまんま写すようにやってみることだ。

 

そうして正解になった時、「あー、こうすればいいんだ」と自分で強く実感できるだろう。

 

 

それが理解につながる。

 

その繰り返し、それらの積み重ねが、自分で考える力を育てていくんだ。

 



 

 

こっちも毎日更新中↓

塾長の裏ブログ」もどうぞ。











入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る