理解度の理解

 

その子がその問題、もしくはその単元、はたまたその教科をどのくらい理解しているのか。

 

その理解度をキチンと理解することは、意外と難しいのだということをちゃんと理解しておいた方がイイ。(頭こんがらがってきた)

 

 

例えばテキストの問題を解かせてみる。

 

答えを全然書けなかったとする。

 

だからといって、その子がその問題に関する内容を理解していないとは限らない。

 

 

出題の仕方に慣れていなくて答えが出せないだけって事、結構あるのだ。

 

だから、問題が解けなかったからといって「この子は分かってないんだ」という判断をするのはちょっと問題。

 

 

そのために、テキストの問題の特性や子どもにとっての食いつきやすさ、食いつきにくさ、そういうのも予測しておきたいものだ。

 

子どもの理解度の理解は理解に苦しむほど難しい事もあるってことを理解しておこう。(駄洒落のつもりか)

 



 

 

こっちも毎日更新中↓

塾長の裏ブログ」もどうぞ。











入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る