アレクサンダー・ズべレフの勇気

 

男子テニスのツアー最終戦「ATPファイナルズ」は、ドイツの新鋭アレクサンダー・ズべレフの優勝で幕を閉じた。

 

グランドスラムに次ぐビッグタイトルを21歳の若さで獲得したズべレフ。

 

しかも準決勝でフェデラー、決勝でジョコビッチを破っての優勝という衝撃。

 

 

このズべレフって選手、すげー肝っ玉やなあと感心した出来事があった。

 

準決勝フェデラー戦の2セット目タイブレークの時にそれは起こった。

 

後日ダイジェスト映像で見たんだけど、両者打ち合ってる最中に突然ズべレフがラリーを止めたんだ。

 

「ちょっと待ってくれ」って。

 

フェデラーの後方にいたボールボーイ(球拾い係の少年)が、両選手が打ち合ってる時に手に持ってたボールをポロンと落としちゃったのね。

 

少年はすぐにボールを拾って元の位置に戻ったから特にプレーの妨害になったわけではない。

 

 

しかし、ズべレフはそれが自分の視界に入ったから瞬間的に「プレーを中断すべきアクシデント」と思ったんだろう。

 

でも実際はコート付近までボールが転がったわけでもないので、プレーを中断するほどの事ではないと思われてもしょうがない。

 

結局中断は認められ、それを境にズべレフが押し切って勝っちゃったもんだからフェデラーの集中が切れたキッカケのような結果になった。

 

それで観客からブーイングが起こったようだ。

 

 

プレーを止めるなんて、なかなか出来る事じゃないと思うよ。

 

しかも相手はフェデラー。

 

でも集中が切れかねない状況で中途半端に打ち合うのではなく、プレーを止める。

 

その勇気がビッグタイトルを取らせた原動力じゃないかしら。

 

 

フェデラーは勿論「君は何も悪いことはしていない」とズべレフを擁護したそうな。

 

更にはボールボーイを気遣うコメントまであったらしい。

 

決勝ではジョコビッチが歓喜のあまりコートに倒れ込んだズべレフに歩み寄って抱擁、若き新王者を祝福した。

 

ズべレフの肝っ玉と同時に、フェデラーとジョコビッチの紳士的な言動にも感動したね。

 

テニスは早くも来シーズンが楽しみだ。

 



 

 

こっちも毎日更新中↓

塾長の裏ブログ」もどうぞ。

 

 

 







ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫

入塾のお問い合わせ・ご相談

佐賀の塾ホクト進学塾への入塾のお問い合わせやご相談はコチラ TEL:0952-29-5311 営業時間平日

1日体験授業申し込み

佐賀で学習塾をお探しなら、1日体験されてみませんか? 佐賀市の塾を選ぶなら1日体験授業うけてみませんか?

ホクト進学塾塾長 ご挨拶

塾長からの挨拶
佐賀県佐賀市の学習塾
ホクト進学塾 塾長の
木須 正明です。

日々の学習上の悩みを解決したい
受験という大きな目標を達成したい
そういう1人1人の思いを全力でサポートします。

各種講座&料金表

小学生講座コース 中学生講座コース 各講座コース料金一覧

ホクト進学塾ブログカテゴリ

ページ上部へ戻る