時計の電池を交換する時

 

教室の時計が止まってた。

 

さすがにいつも見る時計、気づいたのは止まってから5分後だった。

 

電池が切れたのねー。

 

 

早速乾電池を交換する。

 

電池は時計の裏側にある。

 

壁から時計を外して裏側を見る。

 

その時にいつも見つめるとこがある。

 

 

この時計はプレゼントされたものなんだ。

 

そこにはプレゼントしてくれた人たち(3名)の名前が書いてある。

 

電池交換する時にそこを見つめて、その人たちと共有した日々や、この時計に込めてくれた思いなどを振り返る。

 

 

新しい電池をはめ込んだら、息を吹き返した時計の秒針が動き出す。

 

また、この教室で大切な時を刻み続けるために。

 



 

こっちも毎日更新中↓

塾長の裏ブログ」もどうぞ。











入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る