手塚治虫のマンガの描き方

 

小学生の頃に愛読していた。

 

手塚治虫の「マンガの描き方」って本。

 

その本の中にある「ストーリー作りの悪い例」っていうのが、今でもスゴく印象に残ってる。

 

 

手塚治虫によると、最後のオチを「夢だった」で終わらせるのが、悪い例なんだって。

 

その当時は、「ふーん、そんなもんか」と、何が良くないのかも分からず読んでたけど。

 

今思えば、夢をオチにしちゃうとそこまでのストーリーに責任を持たなくなってしまうってことなんじゃなかろうか、と自分なりに考えてる。

 

 

話をどんだけ無茶苦茶な方向に展開しても、「なーんだ、夢か」で終わってしまえば何も考える必要がない。

 

最後はこういう結末にたどり着きたい。

 

そのためには、こういう前フリがあって、こんな準備をして、だからそういう人物があんな行動に出て・・・。

 

そういう組み立てを考えて実践していくことが、物語を創っていくってことかなーと思う。

 

 

だから、夢に逃げない。

 

現実の自分のストーリーも、ちゃんと自分で責任を持って創っていきたいわね。

 

受験に向けて自分がやるべきことにも責任を持って。

 

そんなことも考えさせられる小学校時代の思い出の本だ。

 

img_0002











入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫

入塾のお問い合わせ・ご相談

佐賀の塾ホクト進学塾への入塾のお問い合わせやご相談はコチラ TEL:090-7925-8739 営業時間平日

ホクト進学塾塾長 ご挨拶

塾長からの挨拶
佐賀県佐賀市の学習塾
ホクト進学塾 塾長の
木須 正明です。

日々の学習上の悩みを解決したい
受験という大きな目標を達成したい
そういう1人1人の思いを全力でサポートします。

各種講座&料金表

小学生講座コース 中学生講座コース 各講座コース料金一覧

ホクト進学塾ブログカテゴリ

ページ上部へ戻る