インプット=アウトプット

 

ビジネス用語でよく使われるこの言葉。

 

インプット(入力)は、自分に必要な知識を頭に入れていくということ。

 

アウトプット(出力)は、入力した知識を仕事に反映させて成果を生むこと。

 

 

学習においてもインプット、アウトプットってのはよく言われてる。

 

しかし、学習におけるインプットが記憶でアウトプットがチェックでそれを書き出すことだとするならば、インプットとアウトプットは同時に行われるものだと考えた方がいい。

 

 

見ないで書いてみることで覚えていく。

 

見ないで行ってみることで覚えていく。

 

アウトプット(出力)作業無くしてインプット(入力)はあり得ないのだ。

 

 

わざわざカタカナで言うまでもない。

 

要するに、自分でテストして書けるかどうか、解けるかどうかを必ずやってみる。

 

それが勉強の必須作業ね。

 

 

☆コチラもフォローいかが?

⇒『木須正明Twitter』

※日々つぶやいてるよ~。

⇒『ホクトInstagram』

※とりあえずブログのイラスト。













入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る