親友

 

高校2年で同じクラスになったのが最初の出会い。




「バンドのヴォーカル探してるんだけど、誰かいない?」




って聞かれて




「いやー、分からないよ。」




とかなんとか答えたのが、記憶に残ってる最初の会話。







自然に仲良くなった。




気持ちがとても優しくて、もの凄く不安定だったよね。




突然、1週間くらい学校来なくなったと思ったら




「自転車で九州まわってた」




とか言ってひょこっと学校に出て来る。




「なんでまた?」




って聞いたら




「いやー、なんとなく、出かけたいって、思ってね。」










夏休みの勉強合宿では夜遅くまでしゃべった。




星を見ながら、好きな子の話を聞かされた。




ホント、延々聞かされた。




それ以来、卒業までずーっと聞かされることになった。










3年生でも同じクラス。




2年連続の男クラ。










大財3丁目交差点にあったローソンで、深夜のバイトしてたよね。




オレ、1度チャリで夜中に遊びに行ったんだ。




だれもいない深夜のコンビニ。




2人で1時間以上しゃべったよ。




ジュースおごってくれた。




ポケットから出した100円玉を防犯カメラにかざしてレジに入れる仕草が、カッコいいなって思ってしまった。










オマエに言われて、ずっと残ってる言葉がある。




「クラスの中に3人、凄いなーって思う人がいる。」




「その3人の才能がほしい。」




「Iノセの努力。Hロツくんの頭脳。そして、キスくんの人柄。」










その言葉、結構支え続けてくれたんだ。




ずっと。










卒業式が終わって、あの子のクラスに写真撮りに行った。




オマエとあの子のツーショット写真、結局その後見せてもらったのかな。




覚えてないや。




あ、この前、教員免許更新講習で会ったよ。その子と。










卒業してから、新聞配達をしながら予備校に通ったオマエ。




新聞奨学生ってやつ。




八王子だったっけ。




2回くらいオレの小金井のアパートにも泊まりに来たね。




学芸大のキャンパスも一緒に歩いた。




学食で一緒に昼飯食った。




夜は武蔵小金井駅北口にあったとんかつ屋さんのカウンター。




そこの大将と少ししゃべったのを覚えてる。




「キャベツが好きなんですよ。」




とかなんとか言って。










その時は、学芸大受けるつもりだとか言ってたけど、結局次の年神奈川県にある大学に入学した。




大学では本当に好きな部活に出会ったんだな。




ほとんど会うこともなくなった。




オレが大学3年、オマエが2年になった春先くらいだっただろうか、電話でしゃべった。




オマエ少し酔っ払ってたな。




それが、最後だった。










1990年8月11日。




そこでオマエの時間は止まってしまった。










実家に帰ってる時、ニュースで知ったんだ。




大学で行われた追悼式。




Iノセ、Hロツくん。そしてMツオ、Tロウと一緒に行ったよ。




その時、壇上に掲げられたオマエの写真を見て思った。




柔らかい、イイ笑顔だなって。




こんな素敵な顔で過ごしてたんだなって。










なんとなく、オマエの部活の活動記録をHPで見たんだ。




入学して1年ちょっとの間に、色んな景色を見たんだなって思った。




自分の足で。




最後にオマエが見た景色。




オレの想像も出来ないような世界だったのかな。




オレがこの先、一生見ることもないような景色だったのかな。










なんとなく、見てみたいって、思ってるんだよ。




最近、ちょっとだけ。




いつになるか分からない。




可能であれば、ほんのちょっとでも。










21年。




オマエが生きた年数。




いつも思うのは、短いな、って気持ちだけではないんだよ。




追悼式で見た写真。




オマエの笑顔。




あれが頭の中に焼き付いてる。




幸せだったんだな。










心が輝いてる時間。




そういう時間を過ごせたら。




いつもそう考える。




オマエのことを思い出す時。





 











入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る