「分からない」の根源

 

問題が解けない。

 

分からない。

 

 

その原因は、学力不足と言ってしまえばそれまでだが、学力不足とは一体何なのか。

 

多くの場合、経験不足と言い換えるとより分かりやすいのではないかと思う。

 

 

自分で問題を読むことの経験不足。

 

自分で答えを出すことの経験不足。

 

自分で考えることの経験不足。

 

そして、正解することの経験不足。

 

 

どの教科でも、「問題が解けない」「分からない」の原因は、問題を読んでいないことがものスゴく多い。

 

単純に基本用語、基礎知識が覚えられていない、ということは当然なのだが、それ以上に「問題を読んでいない」ことを問題視すべきかもしれない。

 

だから、問題を解こうとしていて「分かりません」と質問してきた子に、何も説明せずに「もう1回問題を読んでみなさい」とだけ言って正解することって、結構ある。

 

 

もっと自分で読もうとする意識を持つ。

 

授業のメインテーマは、自分で読んでいくことの経験不足を解消するためのトレーニングだと思ってくれ。

 



 

 

こっちも毎日更新中↓

塾長の裏ブログ」もどうぞ。











入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る