真剣勝負の中の弛緩

 

緊張と弛緩(しかん)っていうのは常に意識することだ。

 

張り詰めた緊張の中で、ふっと気持ちをほぐす瞬間。

 

その弛緩が次の緊張に耐えられる心の準備をしてくれたり。

 

笑いで生まれる安心感が、集中力を高めてくれたり。

 



 

授業が真剣勝負であるからこそ、この緩む瞬間が必要であったりする。

 

しかし、それも緊張あってこその弛緩だ。

 

一方だけでは効果的なものにはなり得ない。

 

 

緩みっぱなし、ふざけっぱなし。

 

それでは真剣勝負の授業にはならない。

 

 

緊張と弛緩。

 

常にこのことを意識しながら、授業でおちゃらけてるのである。

 



 

 

こっちも毎日更新中↓

塾長の裏ブログ」もどうぞ。











入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る