大雪(たいせつ) 2016年

 

今日は『大雪(たいせつ)』

 

 

季節のうえでは、ちょうど初冬の中頃にあたる。

 

熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色づく頃。

 

a-%e5%a4%a7%e9%9b%aa%ef%bc%88%e3%81%9f%e3%81%84%e3%81%9b%e3%81%a4%ef%bc%89

 

南天の赤い実。

 

それを聞くと、国語の授業用テキストの中にある随筆のひとつを思い出す。

 

その随筆の筆者が、ある梅雨の日に次のような新聞記事をみてハッとする。

 

 

「ナンテンが白い小さな花を次々に咲かせている」

 

 

これまで梅雨の季節の花といえば、あじさい。ナンテンといえば赤い実。

 

そんな思い方しか出来ない自分の貧しさを痛感した、というお話。

 

 

中1の国語の授業で出てくる文章なんだけどね。

 

そもそもナンテンの赤い実、これ自体がピンと来なければ話にならんのだよ。

 

 

小中学生のみんなー。

 

「知る」って大切よー。

 

日常の感動が違ってくるよー。

 

 

というわけで、大雪の朝に大切なことを言わせてもらった。

 

 

☆こっちも毎日更新中↓

塾長の裏ブログ」もどうぞ。











入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る