中学受験についての考え

 

ホクトの小学生教室では受験希望の生徒も受け入れている。

 

 

附属中希望、はいどうぞ。

 

致遠館中希望、はいどうぞ。

 

清和中、龍谷中、成穎中、弘学館中希望、はいどうぞ。

 

である。

 

 

小学生教室では個別に指導しているので、どこまで進めるかは個人個人のペースによる。

 

当然レベルアップ、スピードアップを目指して授業するが、キチンと定着していないのに先に進むことばかり要求することは絶対にしない。

 

まずは基礎の徹底が最優先だ。

 

 

過去問演習や入試傾向にあわせた対策は重要視していない。

 

基礎が徹底されて応用問題の演習も十分に出来た上で直前に時間があれば行う程度のもの。

 

それは、ワタシ(塾長)が入試の合格を最終ゴールだと思っていないからだ。

 

小学生教室での勉強の目的は、あくまで中学校で伸びる学力をつけることだ。

 

だから致遠館の適性検査問題やその他の過去問などに時間を取ることで大事な基礎力養成が疎かになるような事はしない。

 

 

もちろん受験するために塾に通うという動機を否定するつもりはない。

 

最初に書いたように「はいどうぞ」である。

 

目標の中学校を聞いて、合格に近づくために全力でサポートする。

 

そのカリキュラムのスタートが基礎固めから始まるということだ。

 

 

そういう考えでやってきた毎年の入試実績はコチラを見てもらいたい。

⇒『合格実績』

 

 

最後に。

 

附属中や致遠館中のように合格者よりも不合格者の方が圧倒的に多い高倍率の入試では、なおさら中学校に進んだ先の事を念頭に勉強していくべきだと思っている。

 

過去に附属中や致遠館中を受験して不合格になり地元の中学校でがんばって、3年後の高校入試で最高の結果を残した生徒は数多い。

 

 

☆コチラもフォローいかが?

⇒『木須正明Twitter』

※つぶやき始めたよ~。

⇒『ホクトInstagram』

※とりあえずブログのイラスト。













入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る