「鍛える」という言葉

 

ホクトは自分を鍛える場所。

 

塾生のみんなにとってそういう場所であってほしい。

 

 

さて、「鍛える」という言葉。

 

ネット辞書で検索してみた。

 

 

3つの意味が説明されてたが、以下の通り。

 

 

①高温で熱した金属を繰り返し打ったり水で冷やしたりして硬度・密度などを高め、良質のものにする。

 

②練習・修練を繰り返し、技術や身体・精神をしっかりしたものにする。

 

③いじめる。

 

 

塾で己を鍛えるというのは、②の意味が当てはまるよね。

 

しかし、①の金属についての説明の方が何となく具体的で学習の鍛錬としてもピタッとハマるような気がするのだ。

 

 

熱して打つ。

 

そして冷やす。

 

それにより硬度や密度が高くなり質が良くなる。

 

 

人はモノとは違うかもしれないが、自分を鍛えるのもこんなイメージよね。

 

さらに注目したいのは、①と②の両方に「繰り返し」という言葉が出てくる。

 

 

つまり、「鍛える」ためには「繰り返す」ことが必須なのだ。

 

これ絶対ね。

 

 

☆コチラもフォローいかが?

⇒『木須正明Twitter』

※つぶやき始めたよ~。

⇒『ホクトInstagram』

※とりあえずブログのイラスト。













入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る