Unperfection is Perfection

 

クレイジージャーニーで見たデニムアーティストのお話。

 

100年前に作られたジーンズを完全再現することに情熱を注いでる人だ。

 

 

当然手作業。

 

今のジーンズと違って当時のは縫い方も粗くて不均一。

 

それがまたカッコイイ。

 

 

生地を縫うミシンも出来るだけ当時に近い年代の古いやつ。

 

アメリカのシンガーミシン。

 

 

機能が多くないので、作業ごとに何種類ものミシンを使い分けるんだとか。

 

その全てが当然手作業。

 

 

敢えて効率の悪さを求めるというこだわり。

 

そうやって手作業で作るジーンズは今のものと比べると不完全。

 

でも不完全なところに人の温もりがあって素晴らしい。

 

 

『Unperfection is Perfection』

 

不完全こそが完全なのだ。

 

 

かっけー。

 

めっちゃかっけー。

 

 

追い求めてるのはリーバイスの「501」。

 

オレも好きだったんだわー。

 

最近はとんとご無沙汰だが、またジーンズが欲しいなーと思っちゃうほど魅力あふれるお話だった。

 

 

 

こっちも毎日更新中↓

塾長の裏ブログ」もどうぞ。













入塾検討の方へ




ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫
ページ上部へ戻る