藤原道長『御堂関白日記』

 

ラジオを聞いていた。

 

何となく耳に入って来る話に引き込まれた。

 

 

NHKのカルチャーラジオ歴史再発見とかいう番組。

 

「日記が明かす平安貴族の実像」と題して、どこかの有名な先生がお話をされていた。

 

テーマは「藤原道長の日記には何が書かれてあるか」というもの。

 

 

小学校の教科書にも出てくる人物「藤原道長」は平安時代に権勢を誇った貴族だね。

 

自分の娘を天皇のお嫁さんにして、そこに子が生まれたらその子を天皇にする。

 

そしたら自分は天皇のおじいちゃんってことで権力を強大なものにしていった。

 

 

そんな藤原道長が残した日記が『御堂関白(みどうかんぱく)日記』だ。

 

道長自筆のものが残っている大変貴重なものだそうで、それにまつわる色んな話をされていた。

 

書かれている字の墨が日をまたいでも薄くなっているので、これは毎日書いてなくて数日分をまとめて書いたものだとか。

 

全36巻あるはずのものが18巻残っているのはなぜか、とか。

 

道長の藤原家はその後、近衛家と九条家に分かれてて近衛家が嫡流なんで力が強かったから36巻を分配する時に重要な記述がある方ばっかり持っていったとか。

 

火事などあったら何よりもまずこの日記を持ち出して守らねばならなかったとか。

 

 

聞いててメッチャ面白かった。

 

何が面白かったかっていうと、語り手の先生の話し方がサイコーだった。

 

後で調べたが、語り手は倉本一宏先生というこの分野の権威ある方のようだ。

 

「御堂関白日記」の全現代語訳も倉本先生が書かれてある。

 

 

こういう話って、あんまり興味持たれること少ないよね、どっちかっていうと。

 

このブログも「今回の話、どんだけの人が最後まで読んでくれるかな?」なんて思いながら書いている。

 

 

この倉本先生もラジオで言われてた。

 

「ワタシ大発見をしたこと書いてるんですけど誰も気づいてくれない!!!」

 

さらにひと言。

 

「ていうか、誰も読んでくれない!!!」

 

 

倉本先生サイコー。

 

そんなラジオが楽しい。

 



 

 

こっちも毎日更新中↓

塾長の裏ブログ」もどうぞ。



塾 夏期講習
ホクトブログ一番最初の記事
頑張って記事書いてよかった。
継続は力なりd(^_^o) 一番最初の記事から見る

このページに対してのコメント


佐賀 佐賀市 学習塾 塾 兵庫

入塾のお問い合わせ・ご相談

佐賀の塾ホクト進学塾への入塾のお問い合わせやご相談はコチラ TEL:0952-29-5311 営業時間平日

1日体験授業申し込み

佐賀で学習塾をお探しなら、1日体験されてみませんか? 佐賀市の塾を選ぶなら1日体験授業うけてみませんか?

ホクト進学塾塾長 ご挨拶

塾長からの挨拶
佐賀県佐賀市の学習塾
ホクト進学塾 塾長の
木須 正明です。

日々の学習上の悩みを解決したい
受験という大きな目標を達成したい
そういう1人1人の思いを全力でサポートします。

各種講座&料金表

小学生講座コース 中学生講座コース 各講座コース料金一覧

ホクト進学塾ブログカテゴリ

ページ上部へ戻る